社長リレーブログ#2

はじめまして、W SQUAREの森本です。

 

私は、当社W SQUAREとは別に株式会社ウィードという自動車販売会社を経営しており、今年で創業17年目になります。2001年にたった2名で創業した会社は、現在社員数は40名、年商14億にまで徐々にではありますが成長して参りました。何故ここまで会社が成長できたのか?それは、やはり社員がいてくれたからです。創業から14年間は退職者ゼロでした。それからは辞めていく人はいましたが離職率は低い会社です。私は、社員が定着してくれることによりお客様に末永く寄り添いながら、商品のご提案ができると考えています。毎年のように社員が辞めていく会社であれば、担当者がコロコロ変わり、お客様は同じ説明を何度も聞くこととなり、次第に離れていくのではないかと思います。

 

社員が辞めないようにするには、どうすればよいのか、とよく聞かれます。

 

社員が辞めてしまう原因は、給与、仕事の内容、もしくは上司であったり様々あるでしょう。

一つ思うのは、経営者が社員一人一人の適正を理解したうえで配置配属ができているのかということです。工場のような流れ作業が好きな人、そうではなく常に変わった事を求める人など、多種多様な人がいることを忘れてはいけません。

 

また、雇用される人も、仕事を探す際に、安心を求めて、有名な会社、聞いたことのある会社かと、会社名で仕事を選ぶ人も多いことも事実です。

聞いたこともないような会社では先行きに不安があったり、給与が安定してないのではないか、という先入観をほとんどの方が持っているのではないでしょうか。僕ですら起業するまではそう思ってました。

 

正社員になれば何となく安心、正社員になれば保証される、果たしてそうでしょうか。

正社員になってもそんなにいい事ばかりがあるのでしょうか?

正社員という言葉すら、死語のように思えます。

 

そこで、これからの時代の正社員の定義を変えていかなくてはならないと思い、W SQUAREを立ち上げました。

当社を通じて、雇用する側、働く側がどちらも楽しみながら働けるような職場をご案内できるように努力してまいります。